×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



[ナイスな情報]

探し物はなんですか?
NET通販マガジン

-- MENU --

<食・料理>

→牡蠣の料理簡単レシピ
→松居一代の圧力鍋
→食品衛生管理者 資格取得
→りんごのケーキの作り方
→じゃがいも料理ほくほく知識
→手作りチョコトリュフ
→ひな祭り寿司の作り方

<マネー・費用>

→墓石の値段価格や種類
→離婚慰謝料の相場
→一人暮らしの費用
→引越の相場
→法事の金額
→遺産相続 遺留分
→お見舞金額
→コンタクトレンズの値段
→農協マイカーローン
→ソフトバンクの株主優待
→テレビリサイクル料金。買取
→格安高速夜行バス情報

<暮らしの知識>

→面接のマナーや服装
→婚姻届の書き方出し方
→ゴルフクラブのレンタル
→焼香の仕方や作法
→法事のマナー
→法事の案内状
→排水溝のつまり
→お盆のお供え
→冷蔵庫が故障
→ぬいぐるみの洗濯
→アロマキャンドル作り方・使い方
→カレンダー無料ダウンロード集
→解凍ソフトの無料ダウンロード
→無料のスクリーンセーバー
→女性用スーツ選び方
→お見合いのマナー身だしなみ

<興味深い話題>

→手相 結婚線
→風水でカーテン選び
→roxyアウトレット
→緑茶の効能効果
→北京オリンピック スケジュール日程
→ヘナで毛染め体験記
→ネイルアーティストの資格取得
→女性は資格でジャンプ
→日帰り温泉は格安満足プランで

<もの・物・MONO>

→秋冬スカート
→グッチ財布男性用
→敬老の日プレゼント
→アロマ虫よけスプレー
→アクオスのパソコン機能
→PORTERリュック
→マスプロ 地デジチューナー
→マークジェイコブスのエコバック
→家庭用シュレッダー
→レンタル浄水器
→吉田カバン・ポーター
→オニキス・パワーストーン
→COACHの長財布
→エルメスガーデンパーティ

<アラカルト>

→kat-tun コンサートチケット
→嵐のコンサートチケット
→甲子園 優勝予想
→夏休みは工場見学で決まり
→家庭用プール 子供用プール
→大阪・京都・東京の国立美術館
→錦織 圭(にしこり けい)
→バレンタインプレゼント
→ホワイトデーお返し
→結婚式の簡単ヘアアレンジ
→謝恩会のヘアアレンジ

就職はもちろん、将来の起業や独立を考える女性にも『資格』はとっても有利です。

今や女性も仕事を持つのが当たり前の時代となり、それに伴って資格を持ちたいと考える女性が増えてきています。資格を取得して「有利に就職したい」資格を利用して「好きなことを仕事にしたい」という方から、既に仕事を持っていても資格を取得して「もっとキャリアアップしたい」資格で「高収入を得たい」資格を活用して「もっと自分に合った仕事に転職したい」等々、よりレベルアップ・スキルアップを目指す方まで資格取得の動機や思いはさまざまです。一方、結婚・出産などで一時仕事から離れている女性方でも「子供が少し手を離れたら再就職したい」「子育てしながら効率よく働きたい」「子供が独立した将来のことを考えて」「40代50代になっても年齢に関係なく続けられる仕事に就きたいから」と、時間のゆとりのあるうちに資格取得にチャレンジする女性方も増えて来ています。年齢や状況は異なっても、就職・再就職・転職・起業する際に資格は強くて大きな味方になってくれるはずです。目に見えない『財産』にもなってくれる資格を、ぜひあなたも取ってみませんか。

女性におすすめの資格関連情報はこちら

気になる商品情報を検索してみよう!
※商品一発キャッチャー:見つかるZOU 検索窓


まずは基本知識から〜資格には国家資格・公的資格・民間資格の3種類があります。

資格とひとくちに言っても、認定する団体がどこかによって国家資格・公的資格・民間資格の3つに分類されます。『国家資格』はその名の通り国、または国に準ずる機関が試験を実施し認定。試験の難易度は最も高くなりますが、その分資格の社会的認知&信用度も絶大です。『公的資格』は公益法人や民間団体が試験を実施し、関係省庁やその大臣などが認定する資格です。国家資格のようにその免許がないと就労できないというものではありませんが、国家試験に準ずる資格もあり社会的知名度&信用度の高い資格です。『民間資格』は企業や団体が独自に実施し認定する資格で、TOEICのように社会的評価が高い資格もありますが、法律によって制度化されているわけではないので中には趣味的な資格や、仕事面ではほとんど意味のない資格などもあります。また言葉巧みに勧誘〜高い費用を徴収され、取ってはみたものの役に立たない資格もあるので気をつけてくださいね。

国家資格関連情報のいろいろはこちら>>

どんな資格が自分に合っているのか・・スタートはそこからです。

女性でも資格を取りたい理由は人それぞれですが、貴重なお金や時間をかけて取るのですから後悔しないためにも「何の資格を取るのか」、最初にじっくり見定めることが大切です。高収入を得たいからと言っても稼げる資格のトップ3〜弁護士・医師・公認会計士となると、難易度も高く相当の費用と時間がかかりますし、学生の早い時期から取りかからないと難しい面があります。現在、女性でも幅広い年齢層の方に注目されているのは、行政書士・ファイナンシャルプランナー・宅地建物取引主任者・社会保険労務士などで、いずれも女性でも独立開業が可能な点が支持されているようです。ただ「稼げるトップ3」までは行きませんが、難易度はそれなりに高いので専門的な勉強が不可欠です。これよりもさらに現実的な面から女性に人気が高いのが、医療事務技能やMOS試験(マイクロソフトオフィススペシャリスト)。MOSはマイクロソフト社によるユーザー向けの資格認定制度でスペシャリストとエキスパートの2レベルがあり、企業事務のスキルアップを目的に女性派遣社員の方が多く受けています。

マイクロソフトオフィススペシャリストの資格取得対策に役立つ電子暗記カードはこちら>>

医療事務の資格取得関連情報をお探しならこちら>>


spacer.gif